有村架純の黒歴史に?永遠のぼくらの評価が低く脚本に酷評!

有村架純 黒歴史
朝ドラ『あまちゃん』女優の中で一人だけ順調にステップアップしてきた有村架純さんが、ここに来て足止めをくらってしまいました!

有村架純さんのドラマ初主演作品として大注目されていた『永遠のぼくらsea side blue』の視聴者の評価が低く、視聴率も8.0%と伸びませんでした。

と言っても、有村さんや出演陣への評価ではなく、脚本に避難が集中しているようです。

放送前はTwitterなどでも、出演者が豪華すぎると話題になっていただけに、この結果は想像できませんでしたね。
このブログでも放送前から紹介していたのでショックです・・

有村架純さんの黒歴史になってしまうのか?

脚本家の今後の仕事は?

気になる所をピックアップしてみたいと思います!

Sponsored link

有村架純の黒歴史に?

永遠のぼくら

黒歴史!

そういうと何だか重たいですが、実際に外してるので事実として経歴にのこります。

これだけ活躍している有村架純さんでも脚本がダメだとヒットできない!
いかに脚本、監督、演出が大事かわかりますね。

なぜここまで脚本が非難されているのでしょうか?
ネットの声を少し紹介します。

見なきゃ良かった、モヤモヤ・・・。
あおいと航汰が惹かれ合う過程も、仲間達との絆を深めていく過程も描かれていない。全てが取って付けたような展開で、どこかで見たことあるような古臭い演出ばかり。
一昔前のトレンディドラマにしか見えませんでした。
稀にみる意味不明ドラマ。
引用元

売れっ子を起用すれば視聴率も取れて、評価も高く続編も決まって
という流れなのかなと思ってました。

それでも有村架純さんだから視聴率8.0%を保てたとも言えるかもしれません!
しかし、外したというイメージは主演についてくるので『永遠のぼくら』は今後忘れたい過去になるかもしれませんね。

永遠のぼくらの脚本家と演出は誰?

脚本家は渡辺千穂さんで最近では『戦う!書店ガール』での脚本を担当していました。
同作品は低視聴率を記録した作品ですね。

脚本家で作品が売れるといったら

宮藤官九郎

三谷幸喜

橋田寿賀子

とかが浮かんできますが、違う意味で渡辺千穂さんの名前を憶えてしまいました・・

2時間ドラマの枠ではなく、連ドラ枠での作品ならヒットしていたかもしれませんね。
それほど豪華な出演者でしたし、ストーリーも深く掘り下げれそうでした!

演出を担当したのは西村了さん。

2005年『ウォーターボーイズ』の監督をしたり
2012年の話題作『桐島、部活やめるってよ』でも演出を担当しています!

経歴をみると、話題作に関わることが多いみたいです。

2人の今後の作品は?

次の脚本や演出を担当する作品が気になりますが、

渡辺千穂さん脚本の映画『レインツリーの国』が2015年11月21日に公開予定ですね。
原作は人気小説家の有川浩さんで、玉森裕太さん、西内まりやさんの出演で話題になっている作品です。

西村了さん演出のドラマ『デスノート』が2015年7月5日から始まりますね。
永遠のぼくらにも出演していた『窪田正孝』さん『山崎賢人』さんが出演しています!

どちらも注目されている作品なので楽しみですね。
本来は出演者に注目するものですが、この記事を見た方は脚本や演出にも注目してみてください!

それでは!最後まで読んで頂いて有難うございました。


Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
こんな記事もあります


Sponsored link

関連記事

  1. デスノート
  2. 間宮祥太郎 菜々緒 理由
  3. 清野菜名 アイキャッチ
せん上より
さらにこんな記事も

せん無地
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

おススメ記事

泣ける動画

俊輔伝説のFK

青い絶景 画像

最新ドミノ動画

サプライズ 動画

大注目ドラマ!

永遠のぼくら 視聴率


民王 キャスト
マイナンバー制度


マンガ家収入


ドラクエの歴史