韓国の世界遺産の数が百済の歴史地区を加えると12ヶ所目に!

世界遺産は数の勝負ではないですが、隣国の世界遺産登録数はちょっと気になる所ですよね。

このごろ日本は『明治日本の産業革命遺産

韓国は『百済の歴史地区

の世界遺産登録を目指していますが、両世界遺産候補ともに登録される見通しです。
無事に登録されれば日本の世界遺産の数は19
韓国の世界遺産の数は12になります。

日本の『明治日本の産業革命遺産』については関連記事にて紹介しています。

韓国の世界遺産については『百済の歴史地区』も含めてこの記事で紹介したいと思います。

Sponsored link

韓国の世界遺産紹介

記事冒頭の説明の通り『百済の歴史地区』の世界遺産登録が完了すると韓国の世界遺産登録数は12となります。
実際どんなところがあるのか場所や名前、特徴などを紹介します!

石窟庵と仏国寺
石窟庵と仏国寺(1995年)
慶州市南部にあり、8世紀の仏像彫刻に比べて遥かに精緻であり、新羅美術の最高峰と呼ばれているそうです。
海印寺
海印寺大蔵経板殿(1995年)
韓国南部の慶尚南道陜川郡伽耶面にある世界遺産で、802年に新羅時代の僧侶が建立したとされています。
「海印」竜王の印を意味していて、三度たたけば願う品物が出るという伝説もあるみたいです。
宗廟
宗廟(1995年)
ソウル特別市にあり宗廟の中心の建物(正殿)には、19人の王とその妃の位牌49位が安置されています。
昌徳宮
昌徳宮(1997年)
ソウル特別市にあり、建設当時の状態を維持しているらしく観光地としても有名です。
水原 華城
華城(1997年)
京畿道水原市にあり、第22代国王が、父思悼世子の墓を水原の顕隆園に移し、周囲を防護を固めるために城壁などを建設したのが華城となりました。水原城ともいいます。
慶州歴史地域
慶州歴史地域(2000年)
慶州市付近にの史跡や古墳を保護し、また観光などに公開している地域。
高敞、和順、江華の支石墓群
高敞・和順・江華の支石墓群(2000年)
韓国西部地域に散在している石墓群ですべて合わせると1000基近い支石墓があります。
済州の火山島と溶岩洞窟群
済州の火山島と溶岩洞窟(2007年)
韓国本土南岸から130kmにある火山島で800年前の噴火から沈黙を続けているそうです。
また、島の北東の大規模な溶岩洞はとても人気の観光スポットですね。
朝鮮王陵
朝鮮王陵(2009年)
朝鮮王朝時代の歴代王族の王陵で、李氏朝鮮の首都である漢陽を中心に各地に点在しています。
河回と良洞(2010年)

ハフェマウル
河回
慶尚北道安東市にある集落で伝統的な生活を保存している村。

良洞村
良洞
慶尚北道慶州市江東面にある伝統的な民俗の村で河回村とならんで両班(階級)の村として知られています。

南漢山城
南漢山城(2014年)
広州、河南、城南と連なる山、南漢山にある山城で数万の兵力も受け入れられるほどの大きな山城です。
現在では道立公園となり数多くの市民が訪ねるようになりました。
百済の古墳群
百済の歴史地区(2015予定)
4~7世紀に朝鮮半島西側で栄えた百済の古墳群のことで、西部を中心に8地区から構成されています。
ほぼ間違いなく世界遺産に登録されるようです!
 まとめ

意外と知らない韓国の世界遺産の紹介でした。
今回は簡単に説明しましたが、日本と似た要素もありましたね!

それでは!最後まで読んで頂いて有難うございました。


Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
こんな記事もあります


Sponsored link

関連記事

  1. ニホンライチョウのひな
  2. 軍艦島
  3. マイナンバー確定申告
  4. 国会議員 休暇
  5. イルカが消える
せん上より
さらにこんな記事も

せん無地
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

おススメ記事

泣ける動画

俊輔伝説のFK

青い絶景 画像

最新ドミノ動画

サプライズ 動画

大注目ドラマ!

永遠のぼくら 視聴率


民王 キャスト
マイナンバー制度


マンガ家収入


ドラクエの歴史