セグウェイ子供用など種類は?値段しだいで購入も有?年齢制限は?


ごらんのとおりセグウェイは近未来的乗り物です。
2003年にアメリカで一般消費者にも発売され2006年日本でも正規販売が開始されました
現在日本では公道での使用が禁止されているので個人での購入は出来ません。

Sponsored link

しかし!!

2015年7月より制限つきですが2輪の立ち乗り型ロボットの公道での使用が許可されます。
これにより日本でも気軽にセグウェイに乗れるようになるかもしれません。

大注目のセグウェイについて調べてみました。

子供用など種類は?

簡潔に言うと子供用セグウェイは発売されてないようです・・・
そもそもセグウェイには年齢制限がもうけられており16歳以上(45㎏~118kg)から乗ることができます。
一部の自治体などは子供を乗せているケースもあるらしいですが本来NGです!!注意しましょう!
種類は大きく2種類【オンロード】【オフロード】があります。オプションなどもあるみたいですが。

値段や購入方法は?

値段はオーソドックスなタイプの【i2 SE】が税抜約92万!!高い!!
やはり個人が楽しむには高いですね・・・一般販売される頃にはもう少し抑えてもらいたいですね。
法人が導入するには<使用用途⇒同意書や講習⇒購入かレンタル>といろいろ手続きがあるみたいですね。

公道での使用が許可されるので観光地などで見る機会も増えるかもしれません。

最後に

今回セグウェイ等の規制緩和のニュースを見て個人で購入して通勤などに使えると思ってましたが・・・
やはりそこまで甘くはないようです。
公道での使用実績や安全性が確立されれば自由に乗れる日も来るかもしれません。

トヨタも2輪の立ち乗り型ロボットの『ウィングレット』の開発をしています。
こちらは子供からお年寄りまで幅広く乗ることができるようです。


サイズも小さく乗りやすそうです。値段は公表されてないようでした。

今後2輪の立ち乗り型ロボットの需要が増えれば参入企業も増え、価格競争になるかもしれません。
気軽に買えて乗れる!!これにこしたことはないので今後の発展がたのしみですね。


Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
こんな記事もあります


Sponsored link

関連記事

  1. 水原 華城
  2. 国会議員 休暇
  3. 軍艦島
  4. イルカが消える
  5. ニホンライチョウのひな
せん上より
さらにこんな記事も

せん無地
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

おススメ記事

泣ける動画

俊輔伝説のFK

青い絶景 画像

最新ドミノ動画

サプライズ 動画

大注目ドラマ!

永遠のぼくら 視聴率


民王 キャスト
マイナンバー制度


マンガ家収入


ドラクエの歴史