サッカー選手の重国籍!国の戦略とFIFAの規則!帰化とは何だ!

重国籍と代表選択

最近サッカーの各国代表で重国籍の選手がどちらの国籍で代表戦に出場するか話題になることがありますね。
日本ではあまり聞かない話しですが海外では複数の国籍を持つ人も割といますし、帰化や国籍取得してその国の代表としてプレイするひとも数多くいます。

Sponsored link

日本では2012年に酒井高徳選手がザッケローニ前監督に代表招集されるも出場機会が与えられず『ドイツ代表でのプレイも想像できる』っと発言しています。(本人は否定していましたが…)
と言うのも酒井選手の母親はドイツ人。しかも日本代表Aマッチに出場していないのでドイツ国籍さえ取得すればドイツ代表としてプレイすることができたのです。
当時ブンデスリーガでの活躍もあってドイツでも代表に選出しょうと話題になりました。

各国の思惑と選手の気持ち

代表の弱点を帰化や国籍変更などで埋めようとするのはしょうがないことかもしれません。
日本でも多くの帰化した選手が代表で活躍してきました。またこれから代表に選ばれそうな帰化した選手もいますね。

海外の選手で言えばD・コスタ(現チェルシー)の代表選択に注目が集まっていました。
ブラジルかスペイン!なんとも贅沢な選択ですがコスタはスペインを選びましたね。

他にもエジル(現アーセナル)ドイツ代表
ギュンドアン(現ドルトムント)ドイツ代表
バロテッリ(現リヴァプール)イタリア代表
ヤヌザイ(現マンチェスターU)ベルギー代表

他にもたくさんいますが有名所の選手も自分の気持ちを大事にして代表を選んでいます。
意外と知られてないですが代表選択を経て現在の選手の活躍があるのです。
出場機会を求めて帰化するのも選手の決断です。時にはいやな事を言うサポーターもいますが選手の気持ちが一番大切なので応援しましょう!!

フランスでは重国籍の人が多いため若手の有望株は早めにA代表デビューさせて他国を選択できないようにすることもあるみたいです。
選手が納得すれば良いのですがこれは国の戦略ですよね?

各国の思惑と選手の気持ちが渦巻く代表選択。

海外の下部組織に所属する日本人選手が日本代表を断る日もいつかくるかもしれません…


Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
こんな記事もあります


Sponsored link

関連記事

  1. 内田篤人
  2. 香川背番号変更の理由
  3. なでしこジャパンのプロ選手
せん上より
さらにこんな記事も

せん無地
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

おススメ記事

泣ける動画

俊輔伝説のFK

青い絶景 画像

最新ドミノ動画

サプライズ 動画

大注目ドラマ!

永遠のぼくら 視聴率


民王 キャスト
マイナンバー制度


マンガ家収入


ドラクエの歴史