ザンクトパウリのドクロサポーターがヤバい!低順位も人気は健在

宮市亮が移籍するとの噂でドイツ2部『ザンクトパウリ』の注目度が上がっていますね。

ハンブルク地区を本拠地(ホームタウン)としていてスタジアムはドイツ最大級の歓楽街の側にあるため試合の度に異様な盛り上がりを見せるらしいです!
2部のチームでは国内で有数の人気を誇り、チームのシンボルマークのドクロはグッズとしても人気があります。

過去には尾崎加寿夫さんが在籍していたこともありますね。

宮市亮が移籍すると日本人2人目となります。

そんな注目のクラブ『ザンクトパウリ』について紹介したいと思います。

Sponsored link

ザンクトパウリのサポーター

ザンクトパウリ 紹介

創設年    1909年
所属リーグ  ドイツ・ブンデスリーガ2部
ホームタウン ハンブルク
タジアム   ミラントア・シュタディオン
収容人数   24,701

ザンクトパウリ スタジアム

ザンクトパウリ 順位

熱狂的なサポーターが有名で、近年では1部に在籍していないのにもかかわらず人気は衰えることを知りません。
ドクロマークの旗を揺らしながら応援するサポーターは有名ですね。

お酒を飲みながら応援するので野次やは当たり前、騒いだあげくお酒が降ってくることもあるらしいです・・

クラブ発足以来タイトルとは無縁ですが、サポーターが忘れられないジャイアントキリングをおこしています!
2002年、カップ戦でバイエルン・ミュンヘンを破った際にはハンブルクの街が盛り上がっていたそうです。

実はサポーター数はバイエルンミュンヘンに次ぐとの噂もあり世界中にサポーターがいるらしいです!

人気の理由は気軽に立ち寄れる街の中にスタジアムがあり、町中の働いている人もザンクトパウリのファンで一体感があるからだそうです!

ザンクトパウリ共和国

ザンクトパウリは試合やサポーターだけでなく面白い活動もしています。

FIFIワイルドカップというFIFA非加盟国のみによる国際サッカー大会を主催して、
クラブ自らもザンクトパウリ共和国として出場しています。

ワールドカップを真似た大会ですが、未承認サッカー大会では最大級の大会として開催されました。

第1回大会は2006年にハンブルクで行われ、
優勝北キプロスでした。

ザンクトパウリ共和国は3位決定戦で敗れ4位となっています。

 最後に

宮市亮の移籍が完了すれば日本での知名度も上がると思います。
熱狂的なサポーターの応援を味方につけて成長していってほしいですね。

それでは!最後まで読んで頂いて有難うございました。


Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
こんな記事もあります


Sponsored link

関連記事

  1. パルマ
  2. デルピエロ 引退
せん上より
さらにこんな記事も

せん無地
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

おススメ記事

泣ける動画

俊輔伝説のFK

青い絶景 画像

最新ドミノ動画

サプライズ 動画

大注目ドラマ!

永遠のぼくら 視聴率


民王 キャスト
マイナンバー制度


マンガ家収入


ドラクエの歴史